借金のリスク

視点の違いでこうも世界はかわる > NEWS > 借金のリスク

借金のリスク

2014年11月26日(水曜日) テーマ:NEWS

任意整理というものは一般には負債の整理と呼ばれていて、それらのお金の貸し手への返金を続けていくことを選択した債務の整理の手順なのです。

 

その手続きとしては債務処理経験のある司法書士それから弁護士有資格者債権を持つものと債務者との間に立って、利息を定める法律に従って利息の再考慮を行い再度計算した借入金の元金について利子を削った形で3年ほどの期間をめどに返済を行う債務の整理の順序です。

 

この場合は簡易裁判所等の公の機関が関係することはないのでそのほかの処理と比較した場合でも、利用した場合のリスクが小さく、過程はあまり問題がないため、メインとして比較検討したほうがよい対策となります。

 

または、債権を持つものがサラ金みたいなとても高額な利息であるなら利息制限法という法律で決まっている金利などに追加して払った借入金利に関してはその元金に充てると考え借金の元金自体を減らしてしまうことも可能です。

 

つまりは、消費者金融のようなとても高い借入利息を取る業者に対してある程度の期間返済してきた例では予想以上の支払額を減額できることもありますし15,6年とか返済を続けている例では借金自体が消化されてしまうようなこともあります。

 

借金の整理のメリットを挙げると、破産手続きと違って一定の負債だけをまとめていくことができますので、保証人が付いている負債を除き処理する際や自動車ローンの分を別として検討していく際なども申請することも可能ですし財産を手放してしまうことが求められていないためクルマや住宅などの財産を保有していて、処分したくない場合にも有力な選択肢になる債務整理の手順といえます。

 

しかし、後々の返済額と実際としての手取り額を検討しある程度返済が見通せるようならば任意による整理の処理を進めることが可能ですが破産とは違って借金自体が消滅してしまうという意味ではありませんので、元金の合計が巨額な場合には任意整理で選択をするのは容易ではないといえるでしょう。

 



関連記事

借金のリスク

借金のリスク

2014年11月26日(水曜日)

テスト

テスト

2014年9月23日(火曜日)