婦人科の病院に行こう♪

視点の違いでこうも世界はかわる > おすすめ > 婦人科の病院に行こう♪

婦人科の病院に行こう♪

2014年11月11日(火曜日) テーマ:おすすめ

30歳手前の年になって婦人科の検診を受けましょう、と市から案内がくるようになりました。
もうそんな年になったんだなあと思いつつ、言われるがまま検診日を決めるハガキを出しました。
女性は婦人科の検査と言ったら乳がん検査や子宮関係の検査などたくさん種類があるので男性より大変です。
しかも一つ一つの検査がとっても痛い。
マンモグラフィーを受けたときは痛くてその痛さで死ぬと思いました。
ですがそういった検査を受けることで自分の命を守ることができるなら、病気になってからの痛みよりはるかに小さい痛みで済むので受けておくべきなんですよね。
なので私もこれからの検査も頑張って受けようと思います。

女性の婦人科系の病気で亡くなる人はどれだけ多いのでしょうか。
私の近くでも乳がんや子宮の病気になってしまい、助かるために全摘出した人がいるので他人事とは思えません。
さらには、不妊症で病院通いをする友達も出てきました。
そんなところに、ひしひしと年齡を感じます・・・。
彼女は体外受精までしていて、サンビーマー レンタルも検討に入れて治療を行っているそうです。
早く妊娠するといいなと心から思っているのですが・・・。

自分で積極的に検査を受けようとは今まで思いませんでしたが、身近にそういう人がいたり市から案内状がくると、自分は大丈夫だと過信しないで進んで病院に行って検査するべきなんだと強く思います。
若い時は婦人科は行きにくい場所ではありますがこの年になると少し心配になると平気で行ける場所になります。
なぜだかわかりませんが、大人になったということですね。

病気の早い発見のためにも、若いうちから婦人科の病気の検査を受けるべきだと思いました。
とくにぴんくリボン運動には興味があり、ぜひ全国の女性に積極的に受けて欲しいと思います。



関連記事

まつ毛の育毛で目を大きく

まつ毛の育毛で目を大きく

2014年12月 5日(金曜日)

フラッシュモブプロポーズをやってみたいと思った理由

フラッシュモブプロポーズをやってみたいと思った理由

2014年11月24日(月曜日)

大人の楽器のイメージがあるサックス

大人の楽器のイメージがあるサックス

2014年11月21日(金曜日)

負けじとサプライズプロポーズを考える

負けじとサプライズプロポーズを考える

2014年11月20日(木曜日)

ヘアアイロンおすすめします

ヘアアイロンおすすめします

2014年11月19日(水曜日)